日韓ファクト

Body: 

 アジアの「慰安婦」を徹底追跡! マイケル・ヨン現地ルポ

 マイケル・ヨン氏の記事の日本語訳

    • 慰安婦たちの主張を裏付ける証拠を求めて、米政府は3000万ドル(30億円超)の費用を掛けて調査を行った。
    • 約7年の歳月を掛けて、大勢の米政府職員や歴史学者が過去の公文書を徹底的に調査した結果、有力な証拠は何一つ見つからなかった。結局3000万ドルが無駄に費やされた。
    • IWGの最終報告書は2007年に米国議会に提出され、発表された(文末のリンク参照)。
    • 誰も、この報告書を最初から最後まで読むことなく、慰安婦問題について書いたり語ったりする資格を持っていない。

      There are growing, unsubstantiated questions about whether the Japanese Imperial Army kidnapped 200,000 sex-slaves (Comfort Women) in World War II. Mostly from Korea.
      A $30 million US Government Study specifically searched for evidence on Comfort Women allegations.
      After nearly seven years with many dozens of staff pouring through US archives -- and 30 million dollars down the drain -- we found a grand total of nothing.
      The final IWG report to Congress was issued in 2007. (Linked below.)
      Nobody should be writing about Comfort Women issues without reading this report cover to cover.








 韓国人が目を背ける「強制連行」と「強制労働」の真実
      徴用工と言うと、ある日突然官憲が押しかけ、有無を言わさず連れて行き、暗い洞窟で鞭打ちながら重労働を強いているシーンを思い浮かべるのではないでしょうか。



        ・
        ・
        ・
      随時追加予定